洗い方 | 陶器の瀬戸焼と名古屋市

TOMIX.com

HOME > 陶器の扱い方 > 洗い方

陶器の扱い方

洗い方

洗い方

次は洗い方です。
まず、汚れが残ったままでの長時間の放置は避けてください。また、汚れた水に長時間つけ置きすることも避けましょう。
食べ残しや油汚れをペーパータオルで拭き取り、中性洗剤で手早く洗ってすすいでください。
その際は、スポンジなどやわらかいものでやさしく洗うよう心がけましょう。
ちなみに食器洗浄機の使用は可能です。ですが、特に心配な場合は手洗いした方が良いでしょう。
ただし、衝撃に弱い軟質の器や薄い器は、水圧や器同士の接触等で破損の恐れがありますので十分に注意して行ってください。
また、手描き商品の場合ですが、たわし等でゴシゴシと洗うと絵柄が落ちてしまうことがあります。
なので柔らかなスポンジでやさしく洗って下さいね。
また、手描きのものでなくても、業務用の食洗機などで長時間こすられると、いわゆる上絵製品の絵柄は徐々に取れていくことがあります。
要するにこれは摩耗によって表面が削り取られているわけです。
焼き付けた絵柄は水や洗剤によっては「落ちる」ものではありませんが、手描きだけでなくどんなものでもやさしく扱うよう心がけてください。
また金や銀で彩色された器には、たいてい本当の金や銀が使われています。ですから基本的には金器、銀器と同じように扱ってあげてください。
金属たわしやキズのつくようなスポンジ、クレンザー、研磨剤の入った洗剤は使うべきではありません。
銀は酸化して黒ずむことがあります。そんなときは、練り歯みがきをつけて軟らかい布で磨けば元に戻ります。
塩や重曹でも同じ効果がありますが、この場合傷がつきやすいので注意しましょう。
また銀彩の器は、長く使わない時はラップに包んでおくと酸化が防げますよ。
そして最後には、よくすすいでくださいね。
このとき最後に熱いお湯に通すと、汚れもしっかり落ち乾きも早くなります。




HOME | 瀬戸焼について | セト・ノベルティーとは? | 東海地方の窯業 | 名古屋と陶器
いろいろな瀬戸もの | 陶器の扱い方 | サイトマップ