陶器の扱い方 | 陶器の瀬戸焼と名古屋市

TOMIX.com

HOME > 陶器の扱い方

陶器の扱い方

陶器を扱うにあたってそれほど神経質になる必要はないと思います。
陶器は磁器と比べて時間とともに味わいが変化してきます。
堅いせっ器は使うほどにつやが出て、施釉された陶器はしっとりと落ち着いた表情が生まれてきます。
素地と釉薬の収縮率の違いからうまれる貫入(かんにゅう)もまた、そのヒビから染み込む水分によって色合いが変わって味わいが増していきます。
陶器は育てるつもりで使うとより一層楽しめ、大事に扱うことができるでしょう。
愛着を持ってせっかく購入した陶器だからこそ、陶器の扱い方について知っておくと便利なのではないでしょうか。
ここでは、陶器を扱う時、注意しておきたいことなどを説明していきます。


使用前
まず器を買い求め、お気に入りの食器が我が家にやってきたら、すぐにでもテーブルの上に並べたいところですが、そこはちょっと待ちましょう。
→詳しくはこちら

洗い方
次は洗い方です。
まず、汚れが残ったままでの長時間の放置は避けてください。また、汚れた水に長時間つけ置きすることも避けましょう。
→詳しくはこちら

保存方法
陶器を中長期保存をする場合は、器をよく乾燥させてください。
表面は乾いていても水分が素地に染みているので、1日くらいは風通しのよいところで陰干ししましょう。
→詳しくはこちら




HOME | 瀬戸焼について | セト・ノベルティーとは? | 東海地方の窯業 | 名古屋と陶器
いろいろな瀬戸もの | 陶器の扱い方 | サイトマップ