保存方法 | 陶器の瀬戸焼と名古屋市

TOMIX.com

HOME > 陶器の扱い方 > 保存方法

陶器の扱い方

保存方法

保存方法

陶器を中長期保存をする場合は、器をよく乾燥させてください。
表面は乾いていても水分が素地に染みているので、1日くらいは風通しのよいところで陰干ししましょう。
一度カビが生えますと取ることは不可能です。ですからなるべく湿気のないところに保管するようにしてください。
また釉薬のかかっていない高台部分の乾燥が遅いので、乾燥させる時は器をひっくり返して高台が上にくるようにすると良いでしょう。
また、器を重ねて収納する場合は、ティッシュや、パッキンなどを器の間に挟んで収納すると傷がつきにくくなりますよ。

電子レンジ

基本的に、電子レンジの使用については問題ありません。ただし、金彩・銀彩の装飾がある作品は表面装飾に金属が含まれるため電子レンジは使用できないので注意しましょう。
特に耐熱性と表記されていない作品は、耐熱性ではありませんのでオーブンの使用は避けてください。
また、その他の場合につきましても過度の急加熱・急冷却はヒビや破損の原因になりますので十分に注意してくださいね。

重ねて外せなくなったら

重ねた小鉢やコップなどが外せなくなるということ、よくありませんか?
そのような時は、無理に力を入れたり叩いたりせずに静かに対処しましょう。
まず、洗い桶にやや熱め(40度位)のお湯をたっぷり入れ、重なった器のすき間に少量の洗剤を流し込みすべりをよくします。
重なった外側の器だけを湯につけて少しずつ動かすようにしていると、わずかに動かせるようになります。
その時をねらって引き抜くと簡単にはずすことができますよ。
ぜひ試してみてください。




HOME | 瀬戸焼について | セト・ノベルティーとは? | 東海地方の窯業 | 名古屋と陶器
いろいろな瀬戸もの | 陶器の扱い方 | サイトマップ