陶祖・加藤四郎左衛門景正 | 陶器の瀬戸焼と名古屋市

TOMIX.com

HOME > 瀬戸焼について > 陶祖・加藤四郎左衛門景正

瀬戸焼について

陶祖・加藤四郎左衛門景正

加藤四郎左衛門景正(かとうしろうざえもんかげまさ。仁安3年(1168年)? - 建長元年3月19日(1249年5月3日)?)は、鎌倉時代前期の陶工で、瀬戸焼の開祖とされる人物です。
通称は四郎左衛門(しろうざえもん)。これを略して藤四郎(とうしろう)とも呼ばれました。
加藤景廉の弟と伝わっていますが、実はその実像については不明な点が多いのです。現代の瀬戸、美濃界隈では陶工の本家の陶祖として語り継がれている、まさに伝説的人物なのですね。
一般的な説では、貞応2年(1223年)に道元とともに南宋に渡り、5年後に帰国の後、全国を放浪した後に尾張国の瀬戸で陶器に適した土を見つけて窯を開いたとされています。
一方で寛文12年(1672年)の「茶器弁玉集」には道元との入宗以前から瀬戸で窯業を営んでいたとの記述もあるといのだそうです。
子の加藤基通も藤四郎を名乗ってその家は12代にわたって続いたとされ、現在も愛知県瀬戸市には景正を祀った陶彦神社が存在します。
その一方で、瀬戸で茶入が焼かれたのは室町時代であるとされ、景正の作品とされるものでも制作年代に疑問を持たれているものもあるようです。
しかし瀬戸窯の成立を平安時代中期、瀬戸で釉薬を用いた陶器製造が開始されたのは鎌倉時代前期にまで遡るとする発掘結果も報告されており、景正自身あるいはそのモデルとなった人物が、この時期(1242年(仁治3年)頃)、山田郡(現・瀬戸市)に窯を定め、製陶法を瀬戸界隈に伝え、瀬戸焼の基礎を構築した可能性も否定はできないとされているのです。




HOME | 瀬戸焼について | セト・ノベルティーとは? | 東海地方の窯業 | 名古屋と陶器
いろいろな瀬戸もの | 陶器の扱い方 | サイトマップ