”古瀬戸”とは? | 陶器の瀬戸焼と名古屋市

TOMIX.com

HOME > 瀬戸焼について > ”古瀬戸”とは?

瀬戸焼について

”古瀬戸”とは?

”古瀬戸”とは?

中世のやきものといえば、常滑焼や備前焼などにみられる壺(つぼ)・甕(かめ)・擂鉢(すりばち)といった無釉(むゆう)の焼き締め陶器が一般的ですが、瀬戸窯では、中国や朝鮮から輸入された陶磁器を模倣し、釉薬を器面全体に施した特殊なやきものが製作されます。
この日本の中世唯一の施釉陶器(せゆうとうき)を「古瀬戸(こせと)」と呼んでいます。
古瀬戸の生産された時期は、鎌倉時代の初めから室町時代の中頃までの約300年ほどで、灰釉(かいゆう)のみが使用された前期(12世紀末~13世紀後葉)、鉄釉(てつゆう)が開発され印花(いんか)・画花(かっか)・貼花(ちょうか)など文様の最盛期である中期(13世紀末~14世紀中葉)、そして文様がすたれ日用品の量産期となる後期(14世紀後葉~15世紀後葉)の三時期の区分されています。
ただし、器種構成の上では中期の中頃を境に大きく変化することが知られており、前期から中期の前半にかけては、四耳壺(しじこ)・瓶子(へいし)・水注(すいちゅう)など大型の壺や瓶類や、仏花瓶(ぶっけびょう)・香炉(こうろ)といった宗教関係の器種が主体であるのに対して、中期の後半以降は天目茶碗(てんもくぢゃわん)・平碗(ひらわん)・小皿類・盤(ばん)類といった供膳具(きょうぜんぐ)や調理用具の生産が盛んに行われています。
古瀬戸を焼成した窯は山茶碗(やまぢゃわん)と同様の窖窯(あながま)でこれまで約300基発見されており、生産開始当初には山茶碗と同時に焼成されますが、やがて両者は分離焼成されるようになるのです。
なお、古瀬戸成立期の窯は市域南部の幡山(はたやま)地区、前期後半には中央部の瀬戸地区に集中しており、中期以降は東部の赤津(あかづ)地区に進出し、後期前半にかけてさらに東方の山奥深くに立地するようになっていきます。
ところが、後期後半になると市域の窯は減少する傾向がみられ、それに対して美濃・三河・遠江地方に古瀬戸の生産技術をもった窯、いわゆる古瀬戸系施釉陶器が出現します。
古瀬戸製品の流通も、中期中頃を境に大きく変化することが知られています。
まず前期から中期前半までは、地元の東海地方を始めとする中世墓(ちゅせいぼ)からの蔵骨器(ぞうこつき)としての出土が注目されてきましたが、一般消費遺跡では当時幕府のあった鎌倉に集中しており、古瀬戸生産と鎌倉政権との強いつながりがうかがい知れます。
一方、中期後半から後期にかけては鎌倉での出土量は減少するものの、都市遺跡・港湾遺跡・館跡などを中心に北は北海道から南は九州沖縄まで全国的に流通するようになるのです。




HOME | 瀬戸焼について | セト・ノベルティーとは? | 東海地方の窯業 | 名古屋と陶器
いろいろな瀬戸もの | 陶器の扱い方 | サイトマップ