セト・ノベルティーとは? | 陶器の瀬戸焼と名古屋市

TOMIX.com

HOME > セト・ノベルティーとは?

セト・ノベルティーとは?

愛知県瀬戸市は、瀬戸焼1300年の歴史を有する日本を代表する窯業地ですね。
この瀬戸において生産されているやきものは、食器や花瓶や茶器など、いわゆる「瀬戸もの」が主流であり、おそらく皆さんが抱いている瀬戸のやきものに対するイメージも同じものなのではないでしょうか?
しかし、戦後の瀬戸窯業をけん引してきたのは、海外輸出用に生産されていた食器などのやきもの、その中で大きなウエイトを占めていたものがノベルティであったことが際立った特徴といえます。
では、ノベルティってどんなものなのか、ご存じでしょうか?
まず、陶磁器製の置物や装飾品などを総称して「ノベルティ(Novelty)」と呼んでいます。
ノベルティには多くの種類があり、古代人形、宗教人形、動物・鳥などの置物、キャラクターもの、スーベニア(観光地のみやげもの)、花瓶、壁掛け、化粧具、装飾性の高い食器等々で、その材質も、磁器、半磁器、白雲、ボーンチャイナ等、多様です。
そして特に戦後、多くの日本製ノベルティが輸出され、欧米の家庭に潤いをもたらしていったのですが、日本で生産されたほとんどが輸出されていったことや、日本のライフスタイルの中で使用されることも極めて少なかったため、現在の日本人にとって大変馴染みの薄いものとなっているのです。
そのため、瀬戸が世界でも有数なノベルティ産地であり、その作品が世界中で高く評価されていたことを知る人は日本では非常に少ないでしょう。
しかし、伝統で培われた技術と、瀬戸に産した優秀な原料等を駆使したことによって成立したセト・ノベルティは、まさに瀬戸を代表するやきものなのです。

セト・ノベルティーとは?



HOME | 瀬戸焼について | セト・ノベルティーとは? | 東海地方の窯業 | 名古屋と陶器
いろいろな瀬戸もの | 陶器の扱い方 | サイトマップ