瀬戸焼の歴史 | 陶器の瀬戸焼と名古屋市

TOMIX.com

HOME > 瀬戸焼について > 瀬戸焼の歴史

瀬戸焼について

瀬戸焼の歴史

瀬戸焼の歴史

平安時代末期、伝説によれば中国の宋で陶法を学んできた陶祖・加藤四郎左右衛門景正が1242年瀬戸で窯を築いたのが始まりとされているのですが、実際には平安時代中期、広久手古窯跡群での灰釉による施釉陶器が始まりなのだそうです。
一方、平安から鎌倉時代にかけて日宋貿易の興隆によって陶磁器が大量にもたらされました。これまでの国産灰釉では太刀打ちできなくなってきていたのです。
そして鎌倉時代、この時代のいわゆる古瀬戸の手法は、紐づくりをし、別に挽いた口頸部を付けてから、外部の全体を轆轤で仕上げるやり方であったそうです。
灰釉や鉄釉を施し、「胎土の柔らかいうちに印を押して陰文を施す陰花文」「ヘラ・釘・櫛などによって彫りつける画花文」「粘土を器全体に張り付ける貼花文」などで陶器を飾るようになります。志野のさきがけとも思われる長石粉の使用が見られました。
室町時代。この時代の見るべきものは天目茶碗と茶入です。天目茶碗には、舶載にはない和風の質の高いものが見られます。
桃山時代の入り、この時代に侘び茶が完成します。唐物から和物の中に美を見いだし茶会を変革させたのです。
瀬戸の茶壺・茶入れは茶人の鑑賞に十分耐えうる品格まで磨き上げられたのだそうです。一方、戦国時代の瀬戸は「瀬戸山離散」の言葉通り、瀬戸の地を離れて、美濃などの各地で瀬戸ものが焼かれるようになってきました。
織田信長は特別な保護政策で離散した窯屋を呼び戻したといわれています。
また、この時代の窯跡から織部・志野・黄瀬戸などの大鉢や絵皿が発見されています。
江戸時代になると様々な形のせとものが焼かれ、柳茶碗・灰釉ぐい呑・鉄釉皿・志野碗・瀬戸黒沓茶碗などが古窯から発見されています。
一方、江戸初期に有田の磁器が急速に発展し、瀬戸の磁器販路は狭まってきたのだそうです。瀬戸にとって苦難の時代ともいえるのではないでしょうか。
江戸後期(1807)九州で磁法を学んできた加藤民吉が瀬戸に戻り、磁器生産を本格化します。瀬戸では旧来の陶器を「本業焼」、磁器を「新製焼」と呼ぶようになりました。
そして明治時代に入り、海外にも多く輸出されるようになってきます。
織部のコーヒーセット・ポット・洋皿・陶製玩具・装飾品など、これまでの反動により本業が多く貿易にも使われるようになったのだそうです。
また第一次世界大戦以降に瀬戸のノベルティーが誕生しました。第二次世界大戦には物資の不足から代用品として瀬戸焼きが使われるようになったんだそうです。
もう一週間終戦が延びていれば瀬戸の一銭硬貨が市場に出回っていたともいわれています。戦後日本経済の復興とともに瀬戸の陶磁器も立ち直り国内外で隆盛を迎えました。
今日では「より多く、より安く」の過当競争に終止符を打ち、瀬戸には何でもある特色と瀬戸らしさも生まれてきたのではないでしょうか。




HOME | 瀬戸焼について | セト・ノベルティーとは? | 東海地方の窯業 | 名古屋と陶器
いろいろな瀬戸もの | 陶器の扱い方 | サイトマップ