使用前 | 陶器の瀬戸焼と名古屋市

TOMIX.com

HOME > 陶器の扱い方 > 使用前

陶器の扱い方

使用前

使用前

まず器を買い求め、お気に入りの食器が我が家にやってきたら、すぐにでもテーブルの上に並べたいところですが、そこはちょっと待ちましょう。
まず器の底、「高台」を良く見てみてください。
昔は、瀬戸ものやさんが砥石で磨いてくれましたが、最近はメーカーが研磨をしますので、売場ではしないようなんですね。
しかし、もし底にザラツキが残っていたりしますと、食卓や塗物に傷つけますのできちんと確認するようにした方が良いでしょう。
ザラツキが残っている時は、砥石か、サンドペーパーでこすり、お湯に入れて汚れを落としましょう。
そして、器を使う前にやっておきたいことがあります。
まず、土物の器で萩焼など表面がひびのようになっているものを貫入(かんにゅう)といいます。
貫入は吸水性が強いので、使う前に水につけて十分に水を吸わせてから使うようにしてくだい。
そのまま使うと、醤油や色のある果汁など食物の色素が染み込んで落ちにくくなり、カビが生える原因ともなってしまいます。
また陶器は汁気を吸い込みやすく、匂いやシミがつきやすいという特徴があります。
なので、器を米のとぎ汁や塩水で煮るのも、そのためには有効だといわれています。
土鍋の場合は、使う前に外側の水気を拭き取り、中に水を張って弱火で沸騰させます。
水の中に米を入れて お粥にして炊くとさらに効果的です。




HOME | 瀬戸焼について | セト・ノベルティーとは? | 東海地方の窯業 | 名古屋と陶器
いろいろな瀬戸もの | 陶器の扱い方 | サイトマップ