トイレの便器 | 陶器の瀬戸焼と名古屋市

TOMIX.com

HOME > いろいろな瀬戸もの > トイレの便器

いろいろな瀬戸もの

トイレの便器

トイレの便器

私たちの生活の中で忘れてならないのが、衛生陶器、いわゆる便器や配水管などの給排水に関わる陶磁器です。
現在、日本の陶磁器生産中の約1割が、衛生陶器です。そして愛知県はその生産の中心地であり、瀬戸は陶磁器製便器の発祥地でもあるのをご存知でしたでしょうか。
陶磁器製便器は、やきものの、丈夫で汚れにくく、酸・アルカリにも強いという特徴を活かしてつくられるようになりました。
この瀬戸の陶磁器製便器の歴史は幕末までさかのぼります。
それ以前に使われていた便器のほとんどが木製だったため、木製便器をまねた形の便器がつくられました。
例えば、花のように口の開いた朝顔形小便器、下箱と呼ばれる角形大便器、方手桶のように移動が可能な置便(後の向だか高便器)などがつくられたのです。
本格的に陶磁器製便器がつくられるようになった明治時代には、今でいうスリッパにあかわやげたたる厠下駄などもつくられました。
当時の便器はタタラ成形した粘土板を、それぞれの便器用につくられた木型に合わせて加工するものでした。このため便器をつくるための特殊な道具もつくられています。
こうした道具を使って手づくりされた便器には、美しく装飾されたものもあるんです。
例えば、染付で唐草や花鳥を描いたり、織部風の釉薬を掛けたりと、便器とは思えないほど美しいものがつくられたのですが、手間のかかる陶磁器製便器は高価で、あまり一般庶民には用いられなかったようですね。
しかし、明治24年(1891)の濃尾大震災以降、復旧家屋に陶磁器製便器を購入するものが増えたため、加藤紋右衛門を始めとする窯屋を中心に、大量に便器がつくられるようになります。
こうして需要が伸びるに従って、いわゆる「小便青磁」と呼ばれるクロムを用いた青磁の便器などの安価な便器も生産されていくこととなります。
瀬戸では、明治30年代に入ると、現在使われている和風便器と同じ楕円形をした便器がつくられるようになりました。
これまでのタタラでは困難だった楕円成形が、導入されたばかりの石膏型による型起しの技術を駆使することで可能になったのです。
加えてこの時代は、西洋文化が次々と取り入られた時代となりました。




HOME | 瀬戸焼について | セト・ノベルティーとは? | 東海地方の窯業 | 名古屋と陶器
いろいろな瀬戸もの | 陶器の扱い方 | サイトマップ