東海地方の窯業 | 陶器の瀬戸焼と名古屋市

TOMIX.com

HOME > 東海地方の窯業

東海地方の窯業

縄文時代の各地において縄文土器が生産されていました(約1万2千年前~2500年前)。
縄文土器は縄で形を整え、地面に火をおこしその中に置いて焼かれていました。低温で焼かれるため、割れやすくもろいので、とても厚みのある使いにくいものでした。
5世紀になると、朝鮮から須恵器が大阪に伝わります。そして6世紀に全国に広がり、この東海地方にも伝わってきました。
須恵器はろくろで形を整え、窯で焼かれていました。窯を使用することによって高温で焼くことが可能になり、割れにくく水を通さない土器を生産することができるようになったのです。そのため、壺や甕(かめ)として用いられていました。
この東海地方には良質な粘土が産出します。そのため多くの窯が作られ、大幅に生産量が増加したのです。
8世紀半ばには、愛知県の猿投窯(さなげよう)で、灰を釉薬として使う灰釉陶器が誕生します。
釉薬とは土器の表面にかかっている光沢のあるガラスのようなもので、様々な色を付けることができます。
またそれは汚れや水漏れを防ぐ効果があります。当時、灰釉陶器は東海地方でしか生産されておらず、貴重な品とされていました。
その後も、瀬戸、常滑、美濃、多治見に代表されるように、東海地方では窯業が発展していくのでした。
こうして東海地方の窯業は、古墳時代の須恵器生産をはじめとして奈良・平安時代に大きく発展し、奈良時代には大阪・陶邑窯を凌駕する生産規模に拡大して、日本最大級の窯業生産地となりました。
奈良・平安時代から江戸時代初めまでの東海地方の諸陶器は、日本陶器の時代を代表する造形品であり、工芸美術品として時代の美意識を垣間見ることができるとともに、わたしたち現代人の嗜好にも充分応えています。

東海地方の窯業



HOME | 瀬戸焼について | セト・ノベルティーとは? | 東海地方の窯業 | 名古屋と陶器
いろいろな瀬戸もの | 陶器の扱い方 | サイトマップ