陶器の瀬戸焼と名古屋市

陶器の瀬戸焼と名古屋市

陶器の瀬戸焼と名古屋市

陶器とは?

陶器(とうき)とは、粘土を原料とするやきもので、素地の吸収性を補うため釉薬(ゆうやく)とよばれる上薬(うわぐすり)を掛け、1,100度から1,300度の温度で焼かれるやきもののことをいいます。
比較的もろいやきものであるため、素地は厚手に作られます。陶器 通販などで、お茶碗や丼などの和食器や洗面ボールなどの衛生用品まで幅広く製品として販売されており、馴染み深いものとなっているのではないでしょうか。
陶器の主な産地には、益子焼(ましこやき)、笠間焼(かさまやき)、美濃焼(みのやき)、瀬戸焼(せとやき)、萩焼(はぎやき)、唐津焼(からつやき)などがあります。
素地には、茶色やグレー、褐色(かっしょく)など色がついています。
釉薬や上薬を掛けるといいましたが、中には釉薬の種類や釉薬を用いない焼締めとよばれる技法などもあり、陶器にはさまざまな製品があります。
ちなみに、陶器は叩くとにぶい音がします。

陶器と磁器の違い

陶器と磁器の違い

陶器は土がバクテリアなどの作用で粘り気をおびた「陶土」を焼いて作られます。
素焼きの状態で褐色の土の色をしている物が多いため、土の温かい風合いを大切にして、絵付けをしない物も多く見られます。日本の備前焼・益子焼などがそうですね。
一方、磁器は石が細かく砕け、バクテリアなどの作用で粘土質になった「磁土」を焼いて作ります。
陶器に似ていますが、磁器の方が硬くて薄い物が作れるのです。また地肌が白く表面がなめらかなため、鮮やかで細かい絵付けができるのも磁器の特徴といえるでしょう。叩くと「チン!」と高い音がするのも特徴ですね。
瀬戸ものと呼ばれ、普段私たちが食卓で使っているお茶碗などがそうです。
陶器は古くから世界各地で焼かれていましたが、磁器は中国が発祥の地。のちに東アジア一帯に広まり、タイや韓国でも美しい磁器がたくさん作られるようになったのです。
陶器は土の素朴な風合いや職人の手作業の温かさが感じられ、また磁器には表面の美しさや実用性があり、どちらも毎日の生活を楽しくしてくれ、心にゆとりを与えてくれますよね。 

瀬戸焼とは?

瀬戸焼とは?

瀬戸焼とは、現在の愛知県瀬戸市とその周辺で生産される陶磁器の総称であり、平安時代から続く六古窯のひとつで、現在も東日本での最大級の陶磁器の産地のひとつとなっています。
その瀬戸焼は、平安時代に古くから霊峰として地元の人に崇められてきた猿投山(さなげやま/現在の愛知県豊田市猿投町)の近くで、それまでの須恵器に代わりに灰釉を用いた「瓷器(しき:灰釉陶器)」を焼いたことが始まりといわれています。





HOME | 瀬戸焼について | セト・ノベルティーとは? | 東海地方の窯業 | 名古屋と陶器
いろいろな瀬戸もの | 陶器の扱い方 | サイトマップ